総量規制対象とは

総量規制対象とは

 

貸金業法が2010年6月に改正になったことは記憶に新しいと思います。

 

それ以降、

 

総量規制対象ということばを消費者金融業界では良く聞くようになりました。

 

それでは、総量規制対象とはどういうことでしょうか?

 

従来カードローンキャッシングの限度額は特に規制がありませんでした。

 

しかし、2010年6月以降に、総量規制されるようになり、

 

キャッシングの限度額は前年度年収の1/3が上限となったのです。

 

つまりあなたの昨年の年収が450万円の場合、

 

キャッシング限度額は150万円に上限が決まってしまったということなのです。

 

注意点として、キャッシング上限金額は貸金業法で規制されるのは

 

信販クレジット系カードローン

 

消費者金融系カードローン(銀行系カードローン)

 

一般貸金業者のカードローン

 

上記全てのの合計額です。

 

他社から50万円キャッシング残高が有るケースでは、

 

例えばプロミスで借りられる金額の残りは100万円です。

 

昨年度の源泉徴収表をご確認のうえ、残り自分がいくら借りれるかをしっかり把握しておくことが大切です。

 

プロミスは他社からの借り入れがあっても審査には大きく影響しません。

 

返済の遅延があると、審査に影響しますので注意してください。

 

つまり、モビットやアコム、アイフル、レイクといった他社大手消費者金融でお金を借りていても、

 

総量規制の対象内であれば、

 

プロミスでも審査通過の上、

 

お金を借りられる可能性があると言うことです。

 

他の消費者金融でお金を借りていたとしても、年収の1/3までであればお金を借りられますので、

 

一度プロミスの審査に申し込んでみてください。

 

⇒ プロミス 即日借りる